表現が豊かに

表現が豊かに

この世には様々な人間が存在しており、誰一人として同じ人はいません。一重まぶたというのも、二重まぶたというのも「個性」なのです。
よって、一重まぶたであるということにコンプレックスを感じていないという人も多く存在すると思います。
ですから、もちろん「二重まぶたでなければならない」というわけではありません。

しかし、二重まぶたになると「表情が豊かになる」という大きなメリットがあります。
近年は、メールや電話など様々なコミュニケーションツールがあります。しかし、そんな現代でも正確な情報や感情を伝えるために「(顔を見て)直接話しをする」ことは大切です。
なぜなら、相手の顔を見ることで、表情から感情をくみ取ることができるからです。
楽しいときや面白いときは笑顔になり、悲しいときは目がうるうるしたり、怒っているときは眉間にシワがよるなど、表情によって相手がどう思っているのか汲み取れます。
二重になると、目と眉の感情をより強調することができます。ですから、感情を正確に伝えることができるのです。
一重の人が怒っていないのに「怒っている?」と聞かれたり、クールな印象を与えてしまうのはこれらが原因である可能性が高いです。

美容整形をして、表情が豊かになることができれば、喜怒哀楽が今まで以上に表現できるようになり、人生を充実させることができるでしょう。